品質工学会 学生賞

 教育機関における品質工学の取り組み活動を支援し,教育機関に品質工学の存在感を高めるために,品質工学の取り組みに積極的な学生の研究に贈呈される賞である。
 学生(大学院前期博士課程,修士課程,大学学部、高等専門学校)の自薦,または指導教員の推薦により応募された研究の中から選定される。対象となる学生は,品質工学会学生会員でなくても良い。
 
   【募集案内】品質工学会 学生賞

受賞一覧

2021年 品質工学会 学生賞

応募書受付順に記載する。

題 目 タグチメソッドによるペルチェ式生体用冷却装置の外気温変化に対するロバスト性と省エネ性能の向上
受賞者 梅田隆生(和歌山大学 システム工学部 システム工学科 機械電子制御メジャー 4回生)
指導教員 鈴木 新
研究の種類 卒業研究

題 目 MT法による音声および打音の判定技術に関する研究
受賞者 舟山善貴(日本工業大学 大学院工学研究科 機械システム工学専攻 修士2年)
指導教員 二ノ宮進一
研究の種類 修士論文

題 目 主観的コンディションデータによる投手の怪我検知―MT法と多変量管理図の適用―
受賞者 谷口勇紀(慶應義塾大学 理工学部 管理工学科 学部4年)
指導教員 鈴木秀男
研究の種類 卒業研究

2020年 品質工学会 学生賞

題 目 Robust design method based on evaluation index in consideration of the designer’s intention(設計意図を考慮した評価指標に基づくロバスト設計手法)
受賞者 軽部達也(明治大学大学院理工学研究科機械工学専攻 博士前期課程1年)
共同研究者 水庫優果,宮城善一,井上全人
指導教員 宮城善一,井上全人
研究の種類 日本機械工学会 国際会議(JSME iDECON/MS2019)にて研究発表

2019年 品質工学会 学生賞

題 目 異常検知を用いたプリント基板の外観検査手法に関する研究
受賞者 平林義彦(放送大学大学院 文化科学研究科 情報学プログラム 修士2年)
指導教員 葉田善章
研究の種類 修士論文

2018年 品質工学会 学生賞

題 目 該当なし

2017年 品質工学会 学生賞

題 目 RT法を用いた外科メススキルのモデル化による力覚提示
受賞者 猪俣一樹(東京電機大学 大学院理工学研究科 電子・機械工学専攻 修士2年)
指導教員 大西謙吾
研究の種類 修士論文

2016年 品質工学会 学生賞

題 目 品質工学によるエネルギの比例性を活用した新しい材料評価法の提案
受賞者 藍 立明(日本工業大学 大学院工学研究科 機械システム工学専攻 修士2年)
指導教員 二ノ宮進一
研究の種類 修士論文

2015年 品質工学会 学生賞

題 目 該当なし

2014年 品質工学会 学生賞

題 目 品質工学による硬化肉盛溶接材料の仕上げ加工の最適化
受賞者 深谷健介(学生会員)(日本工業大学大学院 工学研究科機械工学専攻 2年)
指導教員 二ノ宮進一
研究の種類 修士論文

2013年 品質工学会 学生賞

題 目 望目特性のSN比から導かれる縮約統計量を使用したパターン情報の評価に関する研究
受賞者 大坂一司(学生会員)(日本大学大学院 生産工学研究科 マネジメント工学専攻 2年)
指導教員 矢野耕也
研究の種類 修士論文

2012年 品質工学会 学生賞

題 目 品質工学を用いたFDM吐出機構に関する研究
受賞者 下川雄基(学生会員)(九州工業大学大学院 情報工学府 情報創成工学専攻 2年)
指導教員 楢原弘之
研究の種類 卒業研究

2011年 品質工学会 学生賞

題 目 ワイヤ放電加工における加工技術向上に関する研究
受賞者 沼澤陽介(学生会員)(宮城教育大学大学院 教育研究科 教科教育専攻 生活系教育専修 2年)
指導教員 小野元久
研究の種類 卒業研究

題 目 画像による省エネ発光体の評価方法の研究
受賞者 赤川龍之介(学生会員)(富山高等専門学校 射水キャンパス 専攻科 2年)
指導教員 塚田 章
研究の種類 卒業研究

2010年 品質工学会 学生賞

題 目 省エネ発光体の評価方法の研究 ‐機能性材料の形成条件の最適化‐
受賞者 市川伸彦(学生会員)(富山高等専門学校 射水キャンパス 専攻科 2年)
指導教員 山本桂一郎
研究の種類 大会発表

題 目 工程検査における動作音の評価に関する研究
受賞者 舘 明博(学生会員)(日本大学大学院 生産工学研究科 2年)
指導教員 矢野耕也
研究の種類 卒業研究